PRESS

2019.04.19

【プレスリリース】老舗の挑戦!!23 時間を快適にする「ウール T シャツ」で、 国内の毛織物産業を活性化させるクラウドファンディング開始!

創業130年の衣料向け繊維メーカー、三星毛糸株式会社(所在地:岐阜県羽島市、代表取締役:岩田真吾)は、
2019年4月19日より2019年6月17日まで、クラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」にて、
ウールの機能性と日本の技術を活かしたTシャツを販売します。

【ページURL】https://www.makuake.com/project/mitsuboshi/

糸作りから縫製まで全ての加工を国内で行い、日本の毛織物産業の活性化と知名度向上をはかります。

 

1.背景

弊社が位置する「尾州(愛知県と岐阜県にまたがる地域)」は国内毛織物生産量の8割を誇りますが、
昨今の海外製品の台頭や後継問題などにより、工場と会社の数は最盛期の10分の1以下に減少しています。

100年以上続いて来た技術が失われつつある現状を改善するべく、
セーターやスーツの生地としてのイメージが強い
ウール製品を、気軽に一年中着てもらえるTシャツとして作ることを企画し、
糸作りから布作り、染色、縫製までの全ての製造加工を尾州の工場で行いました。

日本のものづくりの技術力をもっと身近に感じてもらえるように、プロジェクトを開始いたしました。

 

2.製品について

ウール100%のTシャツは、エクストラスーパーファインメリノウールという極細の希少な繊維を使用しており、
ウールと
聞いてイメージするようなチクチク感は無く、軽く柔らかで滑らかな手触り。

余計な湿気を溜め込まず逃がすので、夏でもサラッとした着心地。
冬は暖かく潤いを保つため、一年中快適に過ごせ
ます。

水を弾く性質と天然の抗菌防臭作用もあり、長期間快適に着ていただけます。

独自の工夫として、横と縦それぞれ3種類、合計9種類から選べるサイズ展開にしました。

家庭で洗濯しやすいウォッ シャブル加工もしており、誰でもどんなときでも着やすい製品になりました。

 

3.ひとにやさしく、環境にもやさしく

ウール100%なので、長く愛用した後は自然に還る生分解性。
マイクロプラスチックの35%は化学繊維由来という研究も
あり、天然素材の有用性は改めて見直されています。

また梱包も無駄を減らし、洗濯ネットとして使えるパッケージを採用しました。

 

4.メッセージ

「23時間を快適に」というテーマは、1日24時間から入浴の1時間を抜かしたもの。
寝るときも起きるときも、オンでもオフでも、製品を着て快適に過ごしてほしいという願いを込めました。

PRESS RELEASE 2019 年 4 月吉日

 

5.プロジェクト概要

【プロジェクト名】23時間を快適に!隠れ不満を解消する、寝ても起きても気持ちいい日本製Tシャツ

【ページURL】https://www.makuake.com/project/mitsuboshi/

【期間】2019年4月19日(金)〜6月17日(月)の60日間

【目標金額】100万円

 

 

pegetop