NEWS

2016.12.28

あなたは何巻?ストールの巻き方5選!

こんにちは。

ストールの巻き方がマンネリ化していませんか?

ストールは一枚あるとコーディネートの幅が増える万能アイテム。

アレンジは難しいと勘違いしがちですが、簡単でお洒落に巻ける巻き方ばかり。

これまでにご紹介した巻き方を一気にチェックできるようにまとめてみました。

 

ネックレスやネクタイのようにアクセサリー感覚でストールをファッションに取り入れます。

1227_1

①ストールを半分に折り、更にもう半分に折る。片方を長く取り、首にかける。

②長手を短いほうに一周巻き付ける。

③首の間から抜いて、手前に巻き付けたストールの隙間に差し込んで行く。

④形を整えて完成。

〈掲載の商品を見る〉

gnav07

 

裾に入った柄がより印象的に見える巻き方です。

1227_2

①ストールを片方長めにとって首にかけます。

②首に一周巻きます。

③長手の内側の端を首元に巻き込んで留めます。

④整えて完成。

〈掲載の商品を見る〉

gnav07

 

一見複雑そうですが、意外と簡単。

ボーダーに入った柄が、アレンジでより複雑な表情に見えてお洒落感がUPします。

1227_3

①首に一巻き巻きます。首のループを大きくとり八の字にひねります。

②ストールの片側の端を作った八の字のループに上から通します。

③網片側の端を八の字のループの下から通します。

④形を整えたら、完成。

〈掲載の商品を見る〉

gnav07

 

パーティシーンでも使える華やかな巻き方です。

使ったのは起毛させたシルクを使った光沢感のあるストール。

1227_4

①片方を長めにとり、リボンの幅分を取ります。

②更に2重に取り、リボンの位置を決めます。

③下にまわした反対側の柄を下から首元にまわしてリボンを作ります。

④形を整えたら、完成。

〈掲載の商品を見る〉

gnav07

 

ストールクリップなら、穴をあけずにストールをアレンジできます。

ストール以外にも使えるので一つあると便利ですよ。

1227_5

①ストールの長辺の1/3くらいを折り込み、片側を長めに取って肩にかけます。

②首回りにドレープができるように調整しながら、肩の位置の留めるポイントを決めます。

③留める位置の布をそれぞれつまんで、ストールクリップの輪っかに通したら、左右に開いてクリップで留めます。

⑤形を整えて完成。

〈掲載の商品を見る〉

gnav07

 

いかがでしたか?MITSUBOSHI 1887ではmade in Japanの素材にこだわった

珍しいストールを取り揃えています。

ぜひ、オンラインストアをチェックしてみてください。

gnav07

pegetop