NEWS

2018.09.10

インターン体験記<インターンシップに参加させていただいた王です。>

820日(月)~822日(水)の3日間、三星毛糸 新規事業部 にインターンをお迎えしました。
その後、王さんからインターン体験記を送ってもらいましたので、掲載いたします。

大学では社会心理学を専攻しているとのことで、働いている人の目線から何かを感じ取ってもらえたようです。ぜひ、ご覧ください。

 

こんにちは。今回は三星毛糸株式会社とその関連工場を見学させていただきました。
少し私が思っていることを皆さんにお伝えします。

 

工場見学

年代感のある毛織工場に見学にいきました。
写真は、一つ一つの糸を針につけて、全部丁寧に手作業をするお母さんがいつも座っている椅子です。

オートメーションではできない世界に誇る Made in Japan の品質はここで作り出します。お母さんがしている手作業によって、高品質が生み出されていると思うと、暖かく感じます。

 

マテリアルセンター見学

これは何年前のデザインってお分かりますか。

実はこれは30年前当時のファッションショーに出た作品です。
パンクファッションらしいです(笑)。

このマテリアルセンターは10万点以上の素材サンプルが揃っていて、いわゆる素材の博物館です。
このように当時を再現しにくい服や素材に実際触れるチャンスはとても貴重で、また来ようとワクワクしています。

 

MITSUBOSHI 1887 に触れる

インターン先で愛用したクッションです(笑)。

本当は展示品ですけど、一度触ったら、ずっと触り続けられるくらい心地よいです。
ウールとシルクの混合で、とても繊細な触感です。

母がこれをもらったら絶対喜ぶと思います。そんな喜ぶ母の顔が浮かんでくるほどです。

大切な人へ。作り手の思いが使い手に届くような温もりを感じます。

 

盛りだくさんの三日間、いっぱい楽しい体験ができ、たいへんよい思い出になりました。

素材の知識だけではなく、考え方も含めて色々教えていただいて、本当にありがとうございました。

pegetop