NEWS

2016.10.06

〔印象が変わるストールの巻き方〕Vol.1 クロスノット

こんにちは。スタッフの生駒です。

ストールの研究も兼ねて、ここでストールの巻き方をご紹介させて頂くことになりました!

MITSUBOSHI 1887の起毛シルク×ウールストールやインターシャストールの

魅力を皆様にお伝えできればと思っております。

 

記念すべき第一回は『クロスノット』です。

簡単なのに、すごくこなれた印象になること間違いなしの巻き方です。

起毛シルク×ウールストール Smallのオリーブで試したいと思います。

dsc01428

①ストールを半分のサイズに折る

dsc01431

②一巻きします。その時に片方を長めに取っておきます。

 

dsc01432

③長く取った柄を首元の輪に下からくぐらせて、小さな輪っかを作ります。

dsc01433

③短い作った小さな輪っかに通します。

dsc01438

④形を整えて、ひねって裏地を見せてアクセントを付けます。

 

インターシャストールでもクロスノットをしてみました。

おすすめしたいのがインターシャストール〈ローズストライプ〉

dsc0145

 

所々ひねって、色が異なるところを出すことで首元に変化が生まれて、よりお洒落に。

ふんわりツイストが温かみのある印象です。

 

繊細なウールを使用しているので、重ねて巻いてもごわつかず、

伸縮性があるのでより首元をしっかり守ってくれる感じでした。

 

《今回使用した商品はこちら》

68b861e6eb17a881c3fa_460x460

¥22,000 + tax
カラー |オリーブ
サイズ |約33㎝ × 約175㎝
素材  |ウール 51.9% シルク 48.1%

4b175a9285499621f7a7_460x460

¥25,000 + tax
カラー | グレー×アイスブルー
サイズ |約63cm × 約190cm
素材  | ベース部分 : ウール 91.2% カシミア 8.8%  柄部分 : ウール 100%
pegetop