NEWS

2016.11.08

クマのぬいぐるみ工場を訪ねて〔vol.1〕

img_5605

 

11月16日からの伊勢丹4Fのポップアップショップで初お目見えする起毛シルクのクマのぬいぐるみ。
11月4日に社長の岩田がぬいぐるみ工場にインタビューに伺いました。
その様子を複数回に分けてお届けします。
クマのぬいぐるみは、上質な生地を身近で楽しんで頂きたいというコンセプトの元
様々な商品候補から勝ち抜き、商品化されました。
どんな工場で、どんな方々に関わって頂きぬいぐるみが作られたのかをお届けすることで、
よりクマのぬいぐるみに愛着を感じて頂ける機会になれば嬉しく思います。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
取材先は大阪のローカル線、近鉄線の藤井寺という駅にあります。
駅から車で10分弱でたどり着いた工場は、幹線道路の脇にある昔ながらの外観。
img_5617
工場の前にはクラシックな装いの素敵な車が!
これは光岡自動車のViewtというパイクカーで、生地カット職人である田中長嗣さんのお車。
社員さん一人ひとりの遊びゴコロを感じます。
img_5512
入り口はちょっとしたカフェのような雰囲気。
img_5601
工場の中では、丁度、MITSUBOSHI 1887のベア達の縫製、綿詰め作業が行われている最中でした!
棚の上には所狭しとぬいぐるみ。
img_5579
ぬいぐるみに囲まれて、作業されている方がいるアットホームな雰囲気の中、
岩田が社長の佐々木 郁代様と息子さんの佐々木 康様にお話を伺いました。
img_5560
《岩田 真吾》(以下、岩田)
− 今何人くらいらっしゃるんですか?
《佐々木 郁代様》(以下、社長)
− 10人くらい。若い人もいます。20代〜70代まで、みんな心が若いねん。
 呼んだら来てくれるひともいらっしゃって、今日も何人か呼んでます。
 パートさんだと、旦那さんがいる方は週に2回とか。
 家庭が円満で体が健康じゃないと何をしても無理。
 『心身とも』って言うじゃないですか、この年になって初めて分かるというか。
 仕事をさせてもらって、思いやりや仕事の厳しさを皆で分かり合える。
 皆それぞれ、得意や不得意がある。
 レベルアップをして欲しいから、押しつけじゃなく不得意なところはチャレンジしてもらう。
 そういうことを言っている本人がへこたれるわけにはいかないから
 77歳になった今でも若いつもりでいます。
img_5604
 仕事がある、ということはありがたいこと。
 仕事があるから年齢や国、性別関係なく人と通じ合える。
 外見じゃなく、作る人は心の中が作るものにでてくるから、
 「お金を稼ぐ」という目的だけでものを作る仕事をすることはできません。
 積極的にやりたいという、「伸びる」人には基本が分かるように積極的に教育します。
 明日の命がわからないから必死です。
 でもすごいわ。三星さんの、ひいひいおばあさんの話を聞いたら感動しちゃうわ!
img_5576
《岩田》
− 私のひいおばあさんが、息子を養う為に尾州で艶付け業を始めたんですよ。
 息子が利一というんですけど、息子の為の艶付け業なので「艶利」と名付けました。
 綿織物を水に浸けて木の棒でたたくと艶が出てくるという仕事から始まって…
《社長》
− そんな話、電話で聞けないからよかったわ〜
《岩田》
− そこから祖父が株式会社にしました。
 その時に家紋が丸に丸三つだったのを星に変えてエンブレムを作りました。
 今回ぬいぐるみの足の裏に刺繍しているものですね。
 会社では繊維だけじゃなく、今は樹脂の着色もしています。
 全然違うものだけど、ものづくりというところでは共通するものがあるのかなと感じています。
img_5602
《佐々木 康様》(以下、息子さん)
− 僕が入ったのが去年の一月からですが、入った当初は中がめちゃくちゃで。
 コスト管理にも問題があった。
 まだ続けたいというので、どうしたら会社が続けられるかコンサルタント的に関わって
 残すところ無くすところを見定めました。
《社長》
− 私にしたら360度変わるというか。…やるっきゃない!
 チャレンジ精神が強い。
 人が好き、仕事が好きだから、自分に負けたくない。
 痛いところがあってもやることがあると、不思議と治ってきます。
《息子さん》
− 高齢者で廃業しているひとが多い。
 ハローワークで60歳以上で募集したら40人以上応募があり、3〜4人採用できました。
 うちとしては高齢者の再雇用をテーマに今後も採用していきたい。
 直販にも力を入れて行きたいと思っています。
 小ロットが増えてきたので試作用にレーザーカッターを輸入しているところです。
《岩田》
− なるほど。新しいことにチャレンジする精神、MITSUBOSHI 1887と同じものを感じます。
 では、この後、制作行程など見学させてもらいますね!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

次回は、クマのぬいぐるみの制作行程や、社長のぬいぐるみにかける情熱などをお届けする予定です。
お楽しみに。

 

クマのぬいぐるみは11月23日よりONLINE STOREでもお買い求めいただけます。

 

gnav07
pegetop