伝統と挑戦

MITSUBOSHI 1887のオンラインストアにお越しいただき、誠にありがとうございます。ここでは、私たちの積み重ねてきた歴史や、ものづくりに懸ける想いをご紹介しています。ぜひご覧いただけますと幸甚です。

「MITSUBOSHI 1887(ミツボシ 1887)」という名に込められた想い

今から約130年前の1887年、木曽三川のほとり(尾州)に私たちMITSUBOSHI 1887の母体である三星毛糸は生まれました。始めは和服に使われる綿と絹の織物を艶やかにする「艶付け業」から始まり、文明開化に伴ってウールの生地作りへと変化してきました。

なぜ木曽三川のほとりだったのかと言うと、生地作りには良質な水が欠かせないからです。色を染めるには染料を溶かした水に糸や生地を浸さなければなりませんし、風合いの良い生地に仕上げるには織ったり編んだりした直後の堅い生地を水で洗って整えてあげる必要があるからです。これを染色整理と言います。木曽三川の豊かな軟水は、日本ならではの生地作りを可能にし、戦後の日本を支えた大きな輸出産業となりました。

三星毛糸は創業以来、高品質なものづくりを行うと同時に教育に力を入れており、予てより生産現場への見学受け入れを行っていました。その姿勢と実績を評価され、1968年には皇太子殿下(現在の平成上皇)にご行啓賜りました。この「使い手と作り手を繋げる」という精神は、今も脈々と受け継がれています。

もともと創業者の家紋(丸に三つ星)からとった「三星(ミツボシ)」という社名ですが、今日においてはトップクオリティの生地創りの証(ブランド)とも言えます。私たちはこの名に恥じぬよう日々研鑽を続けています。

持続可能な産業に向けた「海外展開と新たな挑戦」

日本の国内繊維生産量はバブル期の1990年をピークに縮小を続け、最盛期の10分の1以下となりました。三星毛糸が属する尾州産地を見ると、4,000社を超えた生地メーカーは100社程度を残すのみ。なんと、衣料品の自給率は3%を切っています。

そんな中、三星毛糸は現在、国内だけでなく世界のラグジュアリーブランドへ生地を提供しています。これまでの商慣習を見直し、自分たちの足で直接生地を提案しに行く。2015年にイタリアの高級メンズブランド「エルメネジルド・ゼニア」のMade in Japanコレクションに選出されたのを皮切りに、現在はLVMHグループやKeringグループなど多くの顧客が三星毛糸の生地を選んでくれるようになりました。

ただ、それだけでは持続可能な産業を創ることはできないということも実感しています。素材だけにとどまらず、培ってきた技術を活かして自分たちで洋服を創り、直接使い手に届ける・・・その為に「MITSUBOSHI 1887」は生まれました。

 

「羊飼いの矜持」を、使い手に届ける

ここで少しだけMITSUBOSHI 1887がメインで取り扱うウール(羊毛)の話をさせてください。

人とウールの関係が始まったのは古代メソポタミアとされ、羊飼いは人類最古の職業とも言われています。ギリシア神話に「ドラゴンに守られる金羊毛」が描かれるように、白く細く長いウールは希少な宝物でした。

その後、品種改良が進み、現在私たちが使うメリノ羊がスペインで生まれました。スペイン王家が海外王家に贈る以外は門外不出とされましたが、戦乱などを経てドイツやフランスへ広がり、現在はオーストラリアなどで多く飼育されています。

MITSUBOSHI 1887は厳選された最上級ウールのみを取り扱っています。そんなウールを生む牧場の一つであるタスマニア・ウィントン牧場のジョン・テイラー7世から聞いた「牧場の柵はなんの為にあるかわかるかい?あれは羊が逃げないようにしているんじゃない。他の羊が入って来ないようにしているんだ。」という言葉から先祖代々受け継いできた純血種へのこだわりと「羊飼いの矜持」を感じました。

私たちMITSUBOSHI 1887は、このような「羊飼いの矜持」をしっかりと受けとめ、使い手である皆さまへ「希少な宝物」としてお届けしたいと考えています。

23時間を快適に。衣服で人を幸せに。

「今、着ている衣服の素材は何ですか?」と問われると、ドキッとする方が多いかもしれません。

日常生活とものづくりの距離が離れてしまったのも一因かもしれませんし、日々慌ただしく生きる中で、そんなに細かいことまで気にする余裕がないのも正直なところです。

ただ、素材を知ること、ものづくりの背景を知ることは、日常をより深く楽しむ助けになると思います。

「お風呂やサウナ以外の23時間、ずっと貴方の一番近くにあるもの」それが衣服です。一枚一枚の衣服が人に与える影響は小さいかもしれませんが、23時間を掛け算するとなると、インパクトは意外に大きいのではないでしょうか?

快適な衣服を身にまとうことで、身体だけでなく、心も晴れやかな気分になっていただきたい…MITSUBOSHI 1887はそう願っています。

衣服を買うこと、使うことの味わいを増したい。

そして、少しでも衣服で人を幸せにしたい。

MITSUBOSHI 1887の挑戦は続きます。ぜひ今後もご支援いただければ幸いです。

MITSUBOSHI 1887 一同

コラボレーションやテキスタイルビジネスのお問い合わせ、MITSUBOSHI 1887へのメッセージはこちら