Tシャツ試着レビュー:林様


今回の試着レビューは、”進化を楽しむ”をコンセプトにしたワークアウトスタジオ「GRIT NATION」の代表取締役である林周一郎さまが、実際に日常でウールTシャツを着てていただいた様子をご紹介いたします。

ジムで運動した後、ウールTシャツがニオわなくなっていたと伺いました。

林:じつはあの汗ビショのTシャツをジムに干したままにしてしまって、翌日ニオイを嗅いだけど、臭くなかったね。俺の体臭がないからか?とも思ったけれど(笑)

嬉しいご意見です!
個人差もありますが、
汗の匂いはかなり防げるのがウールTシャツの特徴の一つです。

林:うちのコーチに無理言ってニオイを嗅がせてみたら「全くの無臭ではないけど、臭くはないです」と言われたよ(笑)

さすがに滝のような汗をかいていましたからね。

林:ジムでの滝汗よりも、寝るときのようなじんわり汗のほうがサラサラ効果を強く感じました。ただ寝間着に使うには高価すぎるので、カジュアルジャケットの下に着るとかいいでしょうね。

寝るときでも、運動時でもいつでもお使いください(笑)
軽めの運動だったら、サラサラ効果は大丈夫そうでしょうか?

林:全然大丈夫だと思います。 うちだと月〜水のプログラム、RESET/LINK/FORCEあたりならちょうどいいでしょうな。

ジャケットの下に着る時は、なにか要望はありますか?

林:カラーは白がほしいです!
それとサイズ感。なるべく体のラインに沿ってほしい。ピッチピチは嫌なんだけど、腕周りと胴まわりがダブついてる奴は着たくない。肌触りはバッチリです。

白は他の方からも要望がありました!
次回モデルを作るとしたら、挑戦してみたいです。
林さんのように、筋肉もりもりな皆さんに共通するような隠れ不満はありますか?

林:筋肉質な人は肩と胸が発達しているので、そこがギリギリ入るサイズを選ぶと、着丈の長さと胴回りのダブつきはつきものなんです。

そこを着こなしでカバーしていただくことは...?

林:カジュアルに着るなら良さそうです。だけど色々なシーンで着られるようにもう少し胴回りを絞ったものがあるといいですね。

胴回りはもう少しタイトでも良いかなという意見は社内でも
ありましたので、次回モデルで検討したいと思います!
試着していただきありがとうございました!