インナーウェアだからこそ、バレンタインに贈るのがおすすめ

  • by SHOPSTAFF

お家でゆったりと過ごすことになりそうな今年のバレンタイン。
MITSUBOSHI 1887からは、より特別で、素敵なイベントに演出できる、「おうち時間を快適にする、甘くない、太らない」バレンタインギフトとして、ボクサーパンツをおすすめしております。

今回は、そんなメリノボクサーの開発秘話やデザインのポイントについて、代官山スタッフの佐藤 汐里(以下:汐)が、デザインを担当したAlquarte デザイナーの鈴木 緑さんにお話を伺ってまいりました。

 

 

大人の男女に似合う、高級感と着心地を両立したデザイン

(汐)
本日はどうぞよろしくお願いいたします!

メリノボクサーのシンプルなデザインが素敵だなと思っているのですが、デザインのポイントはどういったところでしょうか?

 

(鈴木)
このボクサーは、頂いていたお客さまのご要望をもとに、「大人の男女に似合う、メリノ素材を楽しんでもらえるようなデザイン」をコンセプトとしました。上質な素材と無駄のないシンプルなデザインに、ワンポイントのステッチが入ることで遊び心をプラスしています。

実は丈感にもこだわりがあり、サイドが上がるようなパターンになっているんです。これは、履いたときに足が長く見えるよう設計しました。着用テストを繰り返しながら、短すぎず長すぎない男女ともにちょうどいい丈でスタイルアップ効果も期待できると思います。

 

(汐)
確かに!少しサイドが上がっています。ぜひ、普段のものと履き比べてみて頂けたら嬉しいです。

同じ生地である「23時間を快適にするメリノ」シリーズには他の色もありますが、メリノボクサーはディープブラックとオリーブアッシュの2色展開なんですよね。

 

(鈴木)
カラーは、岩田さんと話し合いディープブラックとオリーブアッシュの2色を厳選しました。どちらのカラーも大人に相応しい深みのある色合いになっており。肌とのコントラストも綺麗なので、その人自身がより魅力的に見える色になっていると思います。

(汐)
見た目の魅力もそうですが、肌触りなどの機能面でもとても履きやすそうだなと感じます。

 

(鈴木)
素材の良さをより全体で楽しんでもらいたいという思いから、デザインにおいても肌触りを追求しました。

タグは着心地の邪魔になるのでプリントに、ゴム部分は共布でくるむ仕様にしています。また、MITSUBOSHI 1887のロゴは「貼る刺繍」を採用しているので、高級感がありながら着心地も邪魔せず、履いていただけます。

 

(汐)
見た目から着心地まで、本当に細部にわたって工夫が施されていますね。

 

(鈴木)
これは岩田さんとの開発の中で気づいたことなのですが、男性目線と女性目線では発想や気になるところも異なり、何度もお互いの考えの違いに気づかされました。

メンズブランドのボクサーパンツは、より男性らしいデザインが多い気がします。一方で、上質でシンプルなデザインは少ない印象があります。今回のボクサーパンツはそういったところに目を向けたかったので、良いものができて嬉しく思っています。

 

お客様の声から生まれたメリノボクサーパンツ

(汐)
少し話が変わり原点的な質問になりますが・・。

「Alquarte」ではレディースをメインに展開されている鈴木さんが、今回なぜメンズをメインターゲットとしたボクサーパンツのデザインを?

 

(鈴木)
実は、女性のお客様が多い中で「メンズのボクサーパンツはないの?」というお声もいただいていたんです。パートナーやご家族へのプレゼントとしてはもちろん、自分用にという方もいらっしゃいました。

ただ、メンズだとレディースにはなかった問題も多く、特に扱う素材にはこだわりがあるので、国産で上質なものとなると困難な壁がいくつもあり悩んでいました。

そのとき、MITSUBOSHI 1887の岩田 真吾 代表に会う機会があり、そのことを相談したんです。すると「うちにいい生地があるよ。」ということで盛り上がり、話を進めていくうちに「一緒に作ってみよう」ということになりました。

 

(汐)
そうだったんですね。ただ、普段はレディースをメインにされていますし、鈴木さん自身も女性です。デザインをされる上でいつもと異なるご苦労も多かったのではないでしょうか?

 

(鈴木)
そうですね。女性ものであればデザインからパターン作成まで自分で行い、すぐに自分で試着できたので直感的に作業を進めることができました。しかし、男性ものではそうすることができなかったので、岩田さんをはじめ男性の意見を聞きながら試行錯誤を繰り返し、お披露目まで半年間くらい時間を要しましたが、発表できたときとても嬉しかったことを覚えています。

 

インナーウェアだからこそ、
贈るなら“バレンタイン”というタイミングがおすすめ

(汐)
今回、バレンタインギフトとしてメリノボクサーをパートナーにお贈りすることをおすすめしているのですが、鈴木さんはインナーウェアをギフトに贈られたことはありますか?

 

(鈴木)
はい。ブランドを始める以前から、バレンタインやクリスマス、記念日などにインナーウェアを気心の知れた方にプレゼントしていました。インナーウェアは関係性を築けているからこそ渡せるものだと思うので、バレンタインギフトとしてパートナーに贈るのはとても良いと思います。

ギフトは「なにを渡したら喜んでもらえるかな。」と、相手の顔を思い浮かべながら選ぶもの。Alquarteにいらっしゃる女性のお客様も、ギフト用にボクサーを探されている方が多くて、チョコとギフトをセットで渡したいと話してくださるんです。

 

(汐)
とても素敵ですね!確かに、関係性がきちんと築けているからこそのギフトなので、バレンタインというタイミングがおすすめなんですね。

とはいえ、どれを選んで良いのか難しい気がするのですが、選び方のポイントはありますか?

 

(鈴木)
インナーウェアは、素材などに拘りを持つ人と実用性を重視している人と、個人差が激しいアイテムです。だからこそ、ギフトでは普段の拘りに、“敢えて”その人が選ばなそうな要素を加えて選んでみるのがおすすめです。

例えば、黒が多い方ならカラーのあるものを渡してみたり、素材にあまり拘りのない方なら色は冒険せず良い素材ものを選んでみたり。お相手自身やプロダクトへの興味など、新たな発見や魅力を感じるきっかけのギフトになると嬉しいですよね。

今コロナ禍で会えない距離にいる人にも、見る度に相手の方を思い出せるギフトになるのではないでしょうか。

 

(汐)
なるほど!ありがとうございます。選び方ひとつで相手の暮らしを想う気持ちもギフトに込められますね。

 

自分の価値観や感覚と向き合って、自分にとっての「心地よさ」を持つ

(汐)
実は今回、バレンタインギフト限定でラッピングにサシェをお付けしているんです。

 

(鈴木)
香りが届くって良いですよね。五感の中でも一番印象に残りやすいとも言われていますから、私もコレクションごとにフレグランスを選んでいて、香りには拘っているんです。

サシェならクローゼットにも入れられるので、インナーを入れているところに一緒にしまっておくとどちらも楽しめますね。

あと、香りものは防虫になるので便利ですよ。このサシェはすべて自然のものでできているので、良い香りのする天然の防虫剤になって良い気分で過ごせそうです。

 

(汐)
サシェに入っているローリエとシナモン、スターアニスは、香りの効能としてリラックス効果もあるのですが、防虫としても活用できるなんて、いろいろな面で活躍できるサシェなんですね。

ぜひギフトパッケージをお選びいただいて、心地よさを贈るお手伝いができれば嬉しいです。

 

(鈴木)
そうですね。これは個人的な願いですが、コロナ禍でお家時間が増えた今だからこそ、自分の価値観や感覚と向き合う時間を取って自分の心地よさを大事にしてほしいと思っています。

お家にいる時間は、オンライン上の情報が多く流れてきます。自分の考えを明確にした「軸」が無いと、その情報の数々を取捨選択することもままなりません。自分が好きなものや心地よいものをしっかりと持つことを意識してほしいなと思います。

 

(汐)
なるほど。となると、ギフトなどで体感していただくというのはとても良い機会であり判断材料になりますね!

 

(鈴木)
はい。ギフトは普段とはひと味違う物事を取り入れて、自分と向き合うきっかけになると思います。

また、どこにでもある情報より身近な人からのおすすめは力強く響くので、ギフトという形で自分が心地よいと感じる物事を共有していくのも良いのではないでしょうか。

 

(汐)
パートナーの方との意見交換のきっかけにもなりそうでワクワクしますね。メリノボクサーで豊かな輪が広がると嬉しいです。

本日はありがとうございました!

 

メリノボクサーはこちら

 

Alquarte デザイナー

鈴木 緑


国内の大学でファッションデザインを専攻。在学中にパリのモード専門学校にてパターンメイキングとドレーピングを学ぶ。卒業後、国内のアパレルメーカーでデザイナーとしての経験を積んだのち、2016年に独立。17SSよりAlquarteのコレクションをスタートさせる。現在はランジェリー他、グラフィックデザイン、広告や舞台の衣装ディレクション、ファッションビジネスアカデミーの特別講師等クリエイティブ分野で多岐に渡って活動中。

Share:

Older Post Newer Post