MITSUBOSHI 1887のストールを身に着けると優しい気持ちになれます(アナウンサー 徳重杏奈さん)

  • by SHOPSTAFF

MITSUBOSHI 1887を愛用してくださっている「使い手」の声と出会うMeets VOICE(ミツボイス)。今回は元名古屋テレビ(メ〜テレ) アナウンサーの徳重 杏奈さんを代官山ショールームにお迎えし、代官山ショールームスタッフの佐藤 汐里(汐)がお話を伺ってまいりました。

 

MITSUBOSHI 1887のストールを身に着けると優しい気持ちになれる

(汐)
本日は代官山ショールームにお越しいただきありがとうございます!

徳重さんにはMITSUBOSHI 1887のストールをご愛用していただいておりますが、使い心地はいかがですか?

 

(徳重)
大活躍しています。このストールは大きくて羽織りやすいですし、軽くて持ち運びしやすいので、友達のように持ち歩いています。

9月に1週間ほど、富良野や美瑛、洞爺湖などを巡る自然いっぱいの北海道旅行に行ってきたのですが、そのときも持っていきました。運転のときはひざ掛けとしても便利で、旅行にもぴったりでした!

 

(汐)
そうだったんですね!ありがとうございます。

 

(徳重)
はい。旅行のときも色々な服に合わせやすいので、毎日使っていました。

フォーマルなスタイルにも、カジュアルな服装にも合うので、とても使いやすいです。例えば、ちょっとお洒落な場面に着るワンピ―スにも合いますし、カジュアルなデニムスタイルとも相性が良かったです。

 

(汐)
今日はデニムに合わせてくださっていますね。とてもお似合いです!

 

(徳重)
身に付けているものがきっかけになるコミュニケーションってなかなか無いと思うのですが、このストールを巻いていると褒めてもらうことが多いので嬉しいですね。

「それどこの?」とか「光沢感がいいね」とか、つい昨日は「色がいいね」と言ってもらえました。

 

(汐)
「服選び」をマナーという観点で見ると、失礼にならないようにマイナスからゼロを心掛けるイメージが強いですが、「周囲の人に褒めてもらえる」というのは相手の方にとってもプラスの効果がある気がして、皆さまにお届けする立場としても嬉しいです!

 

(徳重)
それにこのストールのお陰で私自身も顔映りが良くなると感じています。
Zoomの会議でよく使っているのですが、印象を明るくしたいときや、家の中でも少しお洒落に見せたいときに助かっています。自分の気分も上がりますね。

あと外を歩くときもこのストールを羽織っています!東京の今くらいの気候にちょうど良くて、コートを羽織るより調整も楽なので便利です。

実は、首に何かが当たるのが苦手なんですけど、これは肌触りが良いので全然気にならないですね。

 

(汐)
肌触りのなめらかさは多くの方に好評を頂いています!肌にもやさしいですし、天然素材なので安心できますよね。

 

(徳重)
はい。本当に質の良さを感じますね。

最近、ものを買うときの選び方が変化していて・・。
以前は、価格とデザインが優先だったのですが、今はより質の良いものを探すことが最優先になりました。

生活の変化が自分を見つめ直すきっかけになって、これからは自分が身につけて心地良いものや気分が上がるものを選びたいと考えるようになりました。

 

(汐)
そうなんですね!

天然素材を身に着けると、自然と環境のことを意識するようになりますよね。

 

(徳重)
そうですね。着ているものにも命があると意識することで、身が引きしまります。

また、身に着けるもので気持ちが変化すると、行動も変わってきて優しい気持ちになれますね。例えば、このストールなら丁寧に扱おうと意識していますし、生活面で言うとコンポストを始めたり、植物を育てたりもしています。

 

徳重さんご愛用のストールはこちら

 

自分の心の為にも、地球の為にも、服は良質なものを着ていきたい


<「今は家にいる時間が長いから、新しい出会いを大切にしたり、いろんな人と話したりするのが楽しいです。」と話してくれた徳重さん。MITSUBOSHI 1887商品をお試しいただきながら、代官山でお散歩をしてきました。>

 

(汐)
ここからは少し話題を変えて、徳重さんについてお聞きしていきたいと思います。

以前は、名古屋テレビ放送【メ~テレ】でアナウンサーをされていたんですよね。名古屋はどんなところでしたか?

 

(徳重)
はい。9年間を名古屋で過ごしましたが、生活のしやすさ、人が温かいことなど、いいところがたくさんあって、今でも帰りたいと思うことがよくあります。

「名古屋の人はよその人に冷たい」と耳にすることがありますが、私は一度も感じたことがありません。第二の故郷のように思っています。

 

(汐)
そうだったんですね。
今はご結婚されて東京にいらして、さらに新型コロナウイルスの影響もあり、生活が大きく変化したと思います。
今後の活動については何か考えていますか?

 

(徳重)
これからは自分のペースでエシカルライフを送り、いいと思ったものは積極的に発信していきたいと考えています。

未来の世代も今までと同じように幸せに生きていけるよう、環境のことを考えるなど、まず私たちの世代ができることをしっかり果たしていきたいですね。

例えば消費行動をする際にも、消費者には買う責任があると思っています。これからは良いものを見極め、高価でも背景にあるメッセージまできちんと感じ取って、それを長く使うというのが大切になってくるのではないでしょうか。

 

(汐)
買う責任、しっかり意識して生活していきたいです。特に、衣服に関しての「買う責任」はどういったところを重要視されますか?

 

(徳重)
これから買うなら、良いものを長くということを意識して購入していきたいですね。フェアトレードのものやオーガニックコットンなど素材の良さや、ニュース性のあるもの、長く使えるかどうかも要になってくるだろうなと。

自分の心の為にも、地球の為にも、服は良いものを着ていきたいと思っています。

 

<こちらは代官山ショールームでストールを選んでいただいたときの様子。「服選びは人と話して決めていくのが好きなので、こういう場があるのは嬉しいです。ここは、ちょっと奥まっているけど駅が近くて良いです!」と言っていただきました。>

 

(汐)
そんな徳重さんに弊社ストールをお選びいただけて光栄です!

エコやエシカルを強く意識されるようになったきっかけは何ですか?

 

(徳重)
友人に「テレビ局やテレビ局に勤める人はもう少し環境について考えるべき」と言われ、ハッとさせられたことがきっかけです。

テレビの影響力は大きいと思っているので、一度テレビに身を置き、情報番組のMCを務めた者の責任として、微力ではありますが0ではないその影響力を正しく使わなければと感じました。

 

(汐)
徳重さんの呼びかけで、その重要性に気づく方がたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。どんどん輪が広がっていく気がします!

 

(徳重)
今は退社し、コロナの影響もあって時間にも心にも余裕ができました。そのため反省もしつつ、コンポストなど無理のない範囲で暮らしにエコを取り入れています。

また、環境に配慮した活動をしていると自分の心にも良い作用があると気づきました。自分と環境、その相互にとってプラスになることを実感して、地球に良い活動をしようという想いが強くなっています。

 


楽しく持続できる捨てない仕組みを育て、表参道全体を「コンポストの街」に

シングルオリジンのLサイズを着用。「このストールは薄手だけどしっかり暖かいから冬でも良さそうですね。フワッと暖かい感じがあります。」と仰ってくれました。ストールについてはこちら

 

(汐)
ここからはコンポストについて詳しく伺っていきたいんですが、コンポストの活動をしているコミュニティがあるとか・・ぜひ詳しく教えていただけますか?

 

(徳重)
はい。『1.2 mile community compost』という名前で表参道を拠点に活動しています。参加しているメンバーは会社勤めの人やカフェを営む人、ガーデニングが好きな人など様々で、共通点はみんな地球のことを思い、コンポストをしているという点。

それぞれの家庭でコンポストをしても、できた"たい肥"をどう生かすのかという課題があります。都心では畑を手に入れることも簡単ではないので、その"たい肥"をどうすれば活かせるかみんなで考えています。

 

(汐)
私の周りでも最近コンポストを始めた人が多いのですが、都心だとなかなか"たい肥"を使える場所って少ないですよね。

 

(徳重)
例えば、「共同で小さな畑を持って野菜を育てて、サラダにして食べよう」という案も出ています。それにより、『食べる→生ごみが出る→コンポストに入れる→たい肥を作る→野菜を育てる→また、食べる』という良い循環を作ることができます。
他にも、地元の小学校の保護者の方がされているガーデニング部に提供して一緒に何かを育ててみたいとも思っています。

環境のことを真剣に考えている人たちばかりなので、新しいアイディアがどんどん出てきて面白いです。
楽しく持続できる「捨てない」仕組みを作っていけたらいいなと思っています!


<色のコントラストが素敵な一枚。徳重さんには「パーカーはしっとりと肌なじみが良く、軽い着心地。Mサイズで少しオーバーに着るのがかわいいかも。ペアルックで着ても良さそうです。(パーカー詳細はこちら)ストールも明るい色を差し色として選んでみてもいいですね。」とコメントをお寄せいただいています。(ストール詳細はこちら)>

 

(汐)
すごく楽しそうです!今、実際に行動されている取り組みはありますか?

 

(徳重)
今は、表参道の小さなビルの屋上で、ルッコラとほうれん草とラディッシュを育てています。つい先日はのらぼう菜という江戸東京野菜を植えました。今後、もっと進化していく予定なので楽しみです。

あわよくば、表参道全体が「コンポストの街」として知れ渡れば素敵だなと思っています。
社員食堂やレストランなど、もっといろんなところでコンポストを実施してもらいたいですね。

 

(汐)
都心のど真ん中にあって、お洒落な「コンポストの街」なんて素敵です!応援しております。

本日は私自身もエコ・エシカルについて深く考えさせていただくきっかけになりました。
貴重なお話をお聞かせいただき、ありがとうございました!

 

★★★

 

今回徳重さんにお試しいただいた商品はこちら

シングルオリジン・メリノストール L(エクリュホワイト)

スーパーメリノ・フーディーパーカー(バニラホワイト)

ダブルリッチシルクストールS(パープル×パープル)

 

徳重さんご愛用のストールはこちら

 

 

Share:

Older Post Newer Post