フーディーパーカーを主役に着回しチャレンジ

  • by SHOPSTAFF

季節も深まり、すっかり秋らしくなってきましたね。そうなってくると、そろそろフーディーパーカーが着たくなるという方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、2020年秋冬新作 MITSUBOSHI 1887のフーディーパーカーと定番ボトムスとの着回しに代官山スタッフの佐藤が挑戦してまいります!

 

  1. スーパーメリノ フーディーパーカーのここがすごい!
  2. ジャケットとの相性も抜群!
  3. ワントーンコーデでモードに着こなす
  4. 自然な着こなしなら断然デニム

1. スーパーメリノ フーディーパーカーのここがすごい!

フーディーパーカーの魅力は見た目のスマートさ。ユーザーの中には『周りから「いいパーカーだね」と褒められました!』とのお声も。すっきりとしたシルエットや、素材に最高級ウール(SUPER140s)を採用した生地が見た目の綺麗さを実現しています。
肉厚なスムース生地になっているので、持ったときはストンとするような重みを感じますが、着た瞬間に驚きの軽さを実感できます。

また、使い勝手の良さも魅力のひとつです。ウールの特性を生かした、洗濯後の乾きやすさは夜干せば翌朝には着れるほど。厚手パーカーの乾きにくさに悩まされることもありません。抗菌防臭効果もあるので、毎日のワードローブにぴったりです。

フーディーパーカーをチェック

2. ジャケットとの相性も抜群!

MITSUBOSHI 1887のフーディーパーカーは、元来フォーマルウェアの技法であった芯地をフード部分に施し、「張りのある立体的なフード」がパーカーの美しさに花を添えています。そんなフードを生かすなら、ジャケットとの組み合わせがおすすめです。

ジャケットの下に着てもごわつかない生地感なので、着心地を邪魔することなくレイヤードスタイルを楽しむことができます。
カジュアルな印象の強いアイテムであるフーディーパーカーだからこそ、ピシッと決まるセットアップと組み合わせることで、大人なコーディネートになりますね。遊び心を加えるなら、ソックスで色を取り入れてみるのも〇。

 

3. ワントーンコーデでモードに着こなす

フーディーパーカーのカラーは、ディープブラックとバニラホワイトの2色展開になっています。コーディネートをワントーンで統一することで、一気にモードな着こなしになります。ゆったりとしたボトムスと合わせてもきちんと感があるコーデになります。
パンツスタイル以外にも、女性でしたら長めのアコーディオンプリーツスカートなどで可愛さとかっこよさを両立したスタイルになると思います。

ホワイトでのワントーンコーデは難しいと感じる方もいらっしゃると思うのですが、MITSUBOSHI 1887のパーカーは「バニラホワイト」というクリームがかった白なので、他のホワイトアイテムと組み合わせやすいカラーになっています。
アクセサリーや小物でアクセントを付けるのが楽しいワントーンコーデ。
ぜひこの機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

4. あなたはブルー派?ブラック派?
自然な着こなしなら断然デニム

 

休日はデニムパンツを履いて、気分をリフレッシュされるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?仕事着として履けない方にとって、デニムパンツはオンとオフを切り替えるひとつの手段になっているかもしれません。かくいうフーディーパーカーも、そんなアイテムの中のひとつかと。
それなら、思いっきりカジュアルなスタイルを楽しもう!ということで、デニムパンツとの組み合わせにトライしてみました。

 

例えば、ブラックデニム。ディープブラックと合わせると(前項でご提案した)「ワントーンコーデ」になり、バニラホワイトとの組み合わせるとモノトーンコーデになるので、落ち着いた着こなしになります。
また、ブルーデニムならよりカジュアルな印象になり、可愛らしく着こなせますよ。
休日のお出かけにペアルックも良さそうですね。

 

★★★

 

今回は、定番ボトムスを中心におすすめのコーディネートをご紹介してまいりましたがいかがでしたでしょうか?
MITSUBOSHI 1887のフーディーパーカーはディープブラックとバニラホワイトの2色展開なので、基本的にはどんなボトムスとも相性が良いです。派手なお色味や総柄のボトムでも素敵に着こなしていただけると思います。
今後は、スカートと合わせたときのおすすめなどもご提案してきたいと思っておりますので、次回「スカート編」でお会いできれば嬉しいです(笑)。
着用アイテムが多く、コーディネートの幅も広がる秋冬を一緒に楽しんでいきましょう!

フーディーパーカーをチェック

Share:

Older Post Newer Post