ありがとう!代官山ショールーム。 思い出を振り返ります。

  • by SHOPSTAFF

3月1日(月)をもって恵比寿へ移転、2月末で見納めとなる代官山ショールーム。MITSUBOSHI 1887にとって、代官山ショールームは使い手の皆さまと直接お話しすることのできる貴重な場所でした。
今回は、そんな代官山ショールームの思い出をスタッフの佐藤が振り返ってまいります。

 

  1. CAMPFIREでのクラウドファンディングを経て代官山ショールームは誕生しました!
  2. 「代官山に、小さな工場を」産地の空気をインテリアに込めるリノベーション
  3. 使い手同士が繋がるミツバル。たくさんの出会いがありました。

 

1. CAMPFIREでのクラウドファンディングを経て代官山ショールームは誕生しました!

 

以前は企業向けに限定して利用していた代官山ショールームを、一般のお客様にも解放し、より多くの方に「商品を触って、見て、感じられる場」としてリニューアルしたいという想いからプロジェクトはスタートします。

2017年、クラウドファンディングサイト『CAMPFIRE』にてプロジェクトを発表。スタートから30時間で目標金額の100万円を達成し、最終的には108名の方に総支援額272万7000円をご支援いただき、同年9月に代官山ショールームはオープンしました!

その際のクラウドファンディングでは、個性豊かなリターン商品をご用意しておりました。
その中のひとつとして、イージーオーダースーツやコート、シルクニット生地のフルオーダージャケットをご提案し、たくさんの方にご支援いただきました。

実は、MITSUBOSHI 1887のオーダーメイドスーツで提携しているTailor Lineとのコラボレーションはこの時がはじめて。改めて振り返ってみて、今回、3月から一緒にコラボレーション・サロンをオープンできることを感慨深く思います。

 

2. 「代官山に、小さな工場を」産地の空気をインテリアに込めるリノベーション

 

2017年夏、リニューアルオープンに先駆け、「代官山に小さな工場を」というコンセプトを込めた内装にするためリノベーションを行いました。クラウドファンディングのリターンとしてお選びくださったご支援者さまのご協力もいただきながら、当時は建築チームとして活動されていた現:株式会社HandiHouse project の方々とともに空間を作り上げました。

実は、私(佐藤)も当時インターン生として、このリノベーションに参加しておりました!
はじめて触れる工具や参加者の皆さまとの試行錯誤しながらの作業、一緒に食べたランチなど、たくさんの楽しい思い出があり、その場に参加できたことを本当に嬉しく思っています。

特に印象に残っているのは、棚やイス、カウンターの色を何度も試作して全員で話し合いながら色を決定し、力を合わせて完成させたことです。複数の色を重ね塗りしたり、わざとキズを付けたりして、使い込まれたようなヴィンテージ感を目指しました。完成したときの達成感とお昼ごはんのピザの味は忘れられません(笑)。

MITSUBOSHI 1887が掲げる「使い手と作り手が繋がる」というテーマは、ファッション産業に止まらず、「作り手」という大きなの存在との繋がりも含めています。
私たちがきっかけとなり、他分野の作り手と使い手が繋がり、交流を深めたこの思い出は、今なお大きな喜びとともに私たちの心に刻まれています。

 

3. 使い手同士が繋がるミツバル。たくさんの出会いがありました。

 

使い手同士が繋がるバル形式の交流会「ミツバル」では、多くの個性豊かな使い手の皆さまにお越しいただきました。
オープン当初は不定期開催で行っていましたが、2019年には月に1度、毎度異なるテーマを設けて開催し、次第により多くの方にご参加いただけるようになりました。

自己紹介で時間が過ぎてしまうことも多く、初対面とは思えないほど参加される皆さまが笑顔で楽しんでくださっている様子が、スタッフ一同とても嬉しかったです。
お申し込みの際に、お持ち寄りでのご参加を希望された方は、おすすめのグルメやドリンクなどをお持ちいただき、一緒にミツバルを盛り上げてくださいました。

2020年2月以降は大人数でのイベントも厳しくなり、ショールームでの開催もできなくなってしまいましたが、オンライン開催では海外に在住の方もご参加くださり、住んでいる土地に関係なく交流できる面白さを発見できました。

一方で、直接会ってお話しすることで得られる「濃さ」の面では、オンラインはもどかしさを感じる部分もあり、やはりショールームで開催したミツバルは特別で豊かな時間だったのだと思います。

これまでご参加くださった皆さま、誠にありがとうございました!

 

★★★

 

他にも、MITSUBOSHI 1887のご接客(特にオーダーメイドスーツ)では、お客様ごとに異なるライフスタイルにも合わせるため、お仕事の話をお伺いすることも多く、代官山スタッフとして入社した直後は、皆さまのご活躍にワクワクしながらも、緊張でうまくお話しできなかったことを覚えています(笑)。

そんな私たちにも優しく話しかけてくださり、気づくと緊張しすぎずにお話しできるようになっていました。あたたかい皆さまの存在があるからこそ、代官山ショールームに豊かな思い出があるのだなと振り返ってみて改めて気づかされました。

次回は思い出の詰まったショールームを、代官山スタッフの山田が振り返ります。ぜひお楽しみに。

代官山ショールームは2月末まで営業、15 : 00 ~ 19 : 00 の時短営業とさせていただいております。在店スタッフは感染防止対策として消毒や換気、ソーシャルディスタンスの確保を徹底し、ご接客させていただきます。ご来店の際には十分にお気をつけて、あたたかい服装でお越しくださいませ。

ご予約はこちら

 

Share:

Older Post Newer Post