「冬でもTシャツ?」実は使えるメリノT&ショートスリーブカットソー

  • by SHOPSTAFF

テキスタイルデザインの打ち合わせやプライベートな飲み会などでふとご一緒した方の服装を見ると、「冬でもTシャツ」を着こなしている方が意外に多いことに気づきました。特に今年は在宅勤務やSTAY HOMEでお家時間も増えるとなると、できるだけ快適な半袖ファッションで過ごしたいところ。素材感や色味、ジャケットやストールなどとコーディネートすることで、MITSUBOSHI 1887らしい「冬でもTシャツ」の楽しみ方を、代官山スタッフ佐藤がご提案します。

 

    1. 通年着れる「23時間を快適にするメリノTシャツ」はオリーブアッシュがオススメ
    2. 秋冬の大本命!新作「スーパーメリノカットソー・ショートスリーブ」の実力は?
    3. Tシャツはジャケットとの相性も◎。堅すぎないフォーマル感がこの冬の気分。
    4. さっと羽織ればワンマイルウェアに早変わり。ストールとのコーディネートが一押し!

     

    1. 通年着れる「23時間を快適にするメリノTシャツ」はオリーブアッシュがオススメ

    まずは、MITSUBOSHI 1887の代表作である「23時間を快適にするメリノTシャツ」からご紹介をスタートします。

    一般的なコットンや合成繊維のTシャツですと、そろそろ見た目にも少し寒く感じてしまいますが、メリノウールの質感は冬のコーディネートにも違和感がありません。その中でも2020年に仲間入りした新色オリーブアッシュが一番のオススメです。カーキとチャコールグレーの中間のようなニュアンスカラーで、ありそうでなかった大人のオシャレな一枚です。男性だけでなく、女性にも人気の色味です。

    こちらのメリノTシャツは1枚約150gと超軽量インナーとして着てもアウターの邪魔をしません。薄手ながら空気を含んだウールの防寒性はバッチリで、適度に湿気を吸収し、外に吐き出してくれることで、快適さを保ちます。

    2019年のMakuakeバージョンからネックデザインを見直し、オンラインミーティングなどでもカチッと見えるよう首元を詰めたことで、秋冬でも使える一枚に進化しています。

     

    メリノTシャツをチェック

    2. 秋冬の大本命!新作「スーパーメリノカットソー・ショートスリーブ」の実力は?

    続いてご紹介するのが、今回の大本命である「スーパーメリノカットソー・ショートスリーブ」です。サンプルを見た瞬間、スタッフ全員が「欲しい!」と叫んだ逸品です。最上級メリノウールをふんだんに使ったTシャツは、素材の風合いを活かす真のラグジュアリーブランドの雰囲気をまとっています。


    スムースという二重編み構造を採用しており、柔らかさと張りを両立しているので、メリノTシャツよりも更にオンラインミーティング映えする一枚になっています。身体に沿うというよりは立体的なシルエットとなり、透け感は全くないので一枚で着ても安心。半袖なので春から初夏まで使えます。

    カラーはシックなディープブラックと、気持ちも明るくなるようなライトグレー。落ち着いた光沢が本当に美しく、冬のコーディネットの主役になれます。ウールは防水性があり、ちょっとした汚れを弾いてくれるので薄めのカラーでも安心してお使いいただけます。

    サイズは、生地の厚みや重ね着コーディネートを考慮して、メリノTシャツより一回り大きくお作りしています。オンラインストアではS、M、L、XLの4サイズをご用意しておりますが、カラーによってはすでに売り切れているものもございます。ご了承ください。

    <左がメリノTシャツ(Mサイズ)、右がショートスリーブカットソー(Mサイズ)>

    また、メリノTシャツと同様、家庭用洗濯機でお洗濯が可能す。夜、寝る前に干していただければ朝には使えるスピード乾燥が便利な一枚です。ウールの持つ天然の形態安定性で、洗いざらしでもシワを気にせず着ていただけます。


    最後に、細かいこだわりをご紹介させてください。一枚でも着ていただけるよう、肩の縫い目にたたき縫いを施しています。この一手間で、服を支える肩のラインの縫い代が身体に触れなくなり、気持ちよく着ることができるようにしています。

     

    ショートスリーブカットソーを見てみる

     

    3. Tシャツはジャケットとの相性も◎。堅すぎないフォーマル感がこの冬の気分。

    海外などでTシャツ一枚で街を歩いていらっしゃる方をときどきお見かけしますが、せっかくの冬、様々なアイテムとのコーディネートも楽しみたいところです。

    まずは新作の「カーディガン・ジャケット」とのコーディネートをご提案します。

    カーディガン・ジャケットとは、ジャケットのような襟がついているのでフォーマル感をキープしつつ、カーディガンのようなミニマルデザインで楽に着こなして頂けるアイテムです。高級スーツにのみ使われるSUPER140sランクのメリノウールを使うことで、オフィシャルなミーティングやゴルフ場、しっかりとしたレストランなどで着ていただいても全く問題ありません。


    半袖とのコーディネートは腕回りがもたつかず、ジャケットの袖をたくし上げてもインナーのそでが見えないというメリットも。ダークトーンで揃えて大人な印象に仕上げるのもかっこいいですし、明るいインナーと合わせて晴れやかな雰囲気に仕上げても楽しい一枚です。

     

    カーディガン・ジャケットはこちら

     

    4. さっと羽織ればワンマイルウェアに早変わり。ストールとのコーディネートが一押し!

    また、在宅勤務などのお家時間にオススメしたいのがストールとのコーディネートです。暖房が効いたお部屋の中ではTシャツが絶対に快適。でも、郵便物を受け取ったり、ちょっと近くまで買い物に出たりするためにわざわざコートを着るのもめんどくさい…そんな時、さっとストールを羽織るだけで、ワンマイルウェアに早変わりします。

    MITSUBOSHI 1887のロングセラーであるシルク起毛ストールは、もともとラグジュアリーブランドに提供していたジャケット生地をストール用に進化させたアイテム。なので、一枚でも充分暖かく、秋から春先まで使える一枚です。男女でシェアすると楽しみ方も2倍になります。


    シルク起毛ストールをチェック

    ★★★


    「冬でもTシャツ」の楽しみ方、お届けできたでしょうか?MITSUBOSHI 1887ではこの他にもコーディネートやカラー、産地見学ツアーの様子などをインスタグラムで発信しております。ぜひフォローいただければ嬉しいです。

    Tagged with: ストール Tシャツ
    Share:

    Older Post Newer Post