【3日後です】岐阜羽島ファクトリーストアの特別営業日をご案内

  • by SHOPSTAFF

MITSUBOSHI 1887の杉山です。
3月も半ばとなり、暖かいを通り越して暑さも感じるほどですが、また明日から少し寒くなる様ですね。
季節の変わり目は体調を崩しやすい時期と言われます。
このご時世健康には気を使っているかと思いますが、より一層の注意を払ってくださいね。

ちなみに最近の私の健康法は、仕事中に飲むお茶を抹茶にしていることです。
お茶屋さんで「仕事中に飲むお茶が欲しい」と相談したところ、
安い抹茶がいいよとおススメされまして。
ティーパックよりコスパもよくてゴミも出ない。
かき混ぜるための専用の道具も必要ないとの事でしたので即決しました。
抹茶がダマになりますが、おいしくいただいていますよ。

そんな私と出会える岐阜羽島ファクトリーストア、3月19日(土)は特別営業中です!


◆目次
3月19日(土)はMITSUBOSHI 1887岐阜羽島ファクトリーストアのオープンデーです
【ReBirth WOOL】ウール製品の回収キャンペーンを行っています


◆3月19日(土)はMITSUBOSHI 1887岐阜羽島ファクトリーストアのオープンデーです



MITSUBOSHI 1887岐阜羽島ファクトリーストアの土曜日オープンデーまであと3日となりました。

普段はお電話での予約が必要ですが、この日は完全フリーでオープンしています。

MITSUBOSHI 1887の全商品を見ていただく事ができますし、試着室も用意しているのでパーカーやジャケットはもちろん、
Tシャツも肌着の上からであれば試着できます。

先日ご来店されたお客様にジャケットを試着をいただいた時は、「手に取った時は重量があると感じたのに、着たらまるで重みを感じなかった。手触りなども、これほどとは思わなかった。着てみてよかった!」と感動の声をいただいています。

私も含めスタッフが常駐していますので、商品についても直接相談できます。
平日に来店するチャンスはなかなかないと思いますので、この機会にご来店いただき、ぜひ手触りや質感を体感してみてください。


ちなみに、先日よりご案内しているReBirth WOOLの展示も見られます。

衣服がどのような工程を経てワタに還っていくのか。
そして生まれ変わったReBirth WOOL製品はどんなクオリティなのか、ぜひ来て見て触ってみてください。


また、この日はウール製品の回収も行います。

事前申請無しでも対応できますが、【こちら】のフォームから事前に申請の上持ち込んでいただいた方には特典として「ひつじラバーズマスク」をプレゼントしますので、
お越しの際はぜひ事前申請をお願いいたします。


【3月の特別オープン日時】
3月19日(土) 10:00~17:00


【三星毛糸へのアクセス】

▼住所
〒501-6228 岐阜県羽島市正木町不破一色字堤外898(2階)
TEL: 058-392-4780
GoogleMap:https://goo.gl/maps/EbiiDqobDZGTMRCJ6


▼お車の場合
①カーナビで「三星毛糸」と検索すると裏道が表示されることが多いので、グループ会社「三星ケミカル」にて検索ください。

踏切手前でナビが終了するかと思いますが、そのまま踏切を越えてすぐが「三星毛糸」となります。

②名神高速道路・岐阜羽島ICより車で約10分です。



▼公共交通機関の場合
①新幹線・岐阜羽島駅から電車 岐阜羽島駅に併設している名鉄竹鼻線・新羽島駅から9分の「不破一色駅(ふわいしきえき)」より徒歩3分【合計12分】

②新幹線・岐阜羽島駅からタクシー 岐阜羽島駅・北口からタクシーで約12分

③名古屋駅から電車 名鉄特急で笠松駅まで移動し、竹鼻線へ乗り換えて不破一色駅より徒歩3分【合計55分】


◆現在ウール製品の回収キャンペーンを実施中です


2022年3月1日(火)より5月31日(火)まで、三星毛糸では「ReBirth WOOL」ネクストプロジェクト進行のためウール製品の回収キャンペーンを実施しています。

前回のメールマガジンをお送りした後、
追加でお問い合わせをいただきましたので共有させていただきます。


Q.MITSUBOSHI 1887以外の製品は3点までと書いてありますが、1人3点まででしょうか。家族の分も合わせて3点でしょうか。
A.1世帯で3点までとさせていただきます。


ちなみに、本日時点で数名の方から衣服を受け取らせていただき、
現時点で約7Kgの衣服量となりました。
再生には少なくとも100キログラムは必要となる予定ですので、あと93Kg以上必要となります。
皆様のご協力をお待ちしております。

また、今回は「ウール100%の再生ウール」として、
更に高品質なアイテムを創りたいと考えています。
そのため、今回の反毛は「ウール100%の物」と「ウール混紡の物」に分けて行う予定です。
どのようなものが出来上がるか、私もワクワクしています。
皆さんも楽しみしてもらえれば幸いです。


【参加する・より詳しい情報を確認する】

Share:

Older Post Newer Post